ファミリーどうぶつクリニック

どうぶつさんは大切な家族・・・ ファミリーどうぶつクリニックは無理のない診療を心がけています・・・ 

ファミリーどうぶつクリニックの歴史
History of Famly Veterinariy Clinic

ファミリ−どうぶつクリニックは1983年11月に開設されました。
開設当時は「沼津ファミリーどうぶつ病院」という名称でした。
この動物病院は千葉県市川市にあった動物診療施設が移転したのもです。
市川の動物病院は別の先生に引き継がれ
現在もより以上に立派になり診療をしています。

沼津ファミリーどうぶつ病院の開設は今までの臨床経験を活かし
最新の設備と知識・技術を多くの動物さんにに提供するが目的でした。
病院はその後、地域ではまだ数少ないTVレントゲンや超音波診断装置など
最新の医療設備を導入し適切な動物医療の普及に努力しました。
また、国内外を問わず多くの学会やセミナーに参加して知識を取り入れました。

高度医療と一般の町の獣医さんの仕事が混在する中で
これまでの診療方式に疑問を感じるようになりました。
そこで1992年ごろに「ファミリーどうぶつクリニック」に改称しました。
町の獣医さんとしての本分を守り大きな病院でできない動物医療を目指す事にしました。

2010年、デジタルレントゲン導入、新型血液検査器など新しい設備を導入して
手軽に町の獣医さんとして良い動物医療提供を目指しています。
この機械などの償却のために検査を必須にするような事はありません。  

<所属>
日本動物病院会 (NAHA)
アメリカ動物病院協会(AAHA)国際会員
日本獣医麻酔外科学会(勉強のために入っています。)
(外科医や麻酔医ではありません。)

日本動物病院福祉協会(JAHA)は2012年3月末で退会しました。
世界動物病院協会(WAHA)は2012年末で退会しました。

日本獣医師会と地域の獣医師会はだいぶ以前に退会をしました。
現在どちらとも加入しておらず関係はまったくありません。

いずれも一般医(Generalist)として加入所属しています。

<コンテンツ>
ファミリーどうぶつクリニックの歴史
動物病院を選ぶ前に
どうぶつクリニックのトレビアの泉
獣医さんのちょっとブレイク

表紙に戻る